サポートセンターにアクセス サポートセンターにアクセス ディストリビューターを検索 ディストリビューターを検索 お問い合わせ お問い合わせ

チーム紹介:
Mark Batchellier,
Application Engineering Manager

ブログ 2021年6月1日

OxTS では「常に」研究開発に力を入れており、常に先を見据え、疑問を持ち、挑戦し、探求し続けています。しかし、私たちは単にイノベーションのためにイノベーションを行うのではなく、変化をもたらすためにイノベーションを行います。私たちの社員は、この分野で最も知識の豊富な専門家であり、同様に重要なのは、彼らが関心を持っているということです。ここでは、OxTS のアプリケーション・エンジニアリング・マネージャーである Mark Batchellier が、彼の「一日の生活」について語ってくれています。

Mark Batchellier,OxTS Application Engineering Manager
1.OxTS に勤務してどのくらいになりますか。また、会社にいる間に多くの変化を経験しましたか。

OxTS に入社したのが2019年12月ですから、約1年半です。グローバルに展開するすべての企業と同様に、この1年で私が経験した最大の変化は、Covid関連のものでした。私たちの製品開発は、社内のさまざまな部署の多くの個人の協力に依存しているため、テクノロジーに頼ることや、お互いに遠隔で作業することを学ぶことは困難でした。

私は常にアプリケーション・エンジニアリング(AE)チームを管理し、お客様と一緒にシステムを特定のニーズに合わせて修正してきました。しかし最近、私の役割が変わり、長期的な視点で新しい技術を探求する責任を担うようになりました。興味深いことに、私は開発の両端を見ており、別のチームは製品の段階的な開発を担当しています。

 

2.OxTS' アプリケーション・エンジニアリング・マネージャーとしてのあなたの「典型的な」一日の仕事はどのようなものですか?

AEチームはお客様のニーズにタイムリーに対応することを目的としているため、「典型的な」一日の流れを語ることは困難です。しかし、私が常に行っていることは、お客様や見込み客と協力してシステムに要求される変更を定義すること、エンジニアと新技術について議論し、それらを調査するためのプロジェクトを立ち上げること、そして、適切な人に仕事を割り当てるスケジューリングを行い、優先順位の変更に応じて変更を加えることなどです。

また、エンジニアリング部門のマネジメントチームの一員として、当社のプロセスが目的に合っているかどうかを確認し、技術的な分野以外で発生する課題に対応することにも携わっています。その一例として、2020年の初めの数ヶ月間、Covidの初期エンジニアリング計画を主導し、不確実性の中でもビジネスとしての機能を維持し、変化する政府のアドバイスに柔軟に対応できるようにしました。

 

3.これまでに携わったプロジェクトの中で、最も満足度が高かったものはどれですか?

先日、お客様であるMira社の立体駐車場で当社のシステムを使用するために行った屋内テストに参加できたことを非常に誇りに思っています。この環境では、当社の古典的なINSソリューションの基礎のひとつであるGNSSの受信範囲がありませんでした。

このプロジェクトは納期が厳しかったため、当初は何を提供すべきかについて多くの検討や交渉を行いました。私たちはMiraと協力して、彼らが必要とするものをすべて入手できる方法を理解し、一方で特定の機能を優先させることで、彼らが新しい施設を早急に利用できるようにしました。

フェーズ1では、駐車場の1フロアにシステムを導入しました。技術パートナーと一緒に検討していた超広帯域(UWB)システムを使用したため、必要なサービスを提供するための知識がすでに蓄積されていました。第2段階では、スロープや屋内から屋外への移行部など、駐車場の残りのフロア全体でデータを取得できるようにする予定です。

このプロジェクトは、お客様の問題を解決し、社内にある優れたエンジニアリングスキルを活用し、お客様の予算と期限内に解決策を見出すという、OxTS の精神を象徴するものでした。

 

4.OxTS アプリケーション・エンジニアリング・マネージャーとして最も困難なことは何か、またそれをどのように管理しているか。

最もチャレンジングなこと、そして私にとって最も楽しいことは、一度にいくつものプロジェクトが進行し、その範囲が技術的に複雑であることです。これらのプロジェクトは、ソフトウェア製品の単純なGUIの変更から、新技術の調査まで多岐にわたります。

この仕事の重要な側面は、チームの管理です。若くて情熱的なメンバーがいますが、あらゆる問題を一度に解決しようとするため、時には指導や抑制が必要になることもあります。私の役割は、ビジネスの将来を守るために、他の部門や売上目標との整合性を図りながら、同時にエンジニアには現在のスキルセットを補完するタイプの仕事を与え、さらにそれを新しいエキサイティングな分野に拡大できるようにすることです。常に簡単ではありません。

 

5.OxTS チームの一員になって一番楽しいことは何ですか?

OxTS に参加して一番良かったことは、フレンドリーな環境です。必要なときに、誰にでも気軽に助けを求めることができます。個人的に助けられない場合は、助けてくれそうな人や、質問に対する答えを見つけられそうな場所を提案してくれるとわかっているからです。
会社にはさまざまな職業の人がいて、私たちはさまざまな方法で自分の可能性を追求することができます。技術チーム間での知識の伝達が奨励されているだけでなく、外部のトレーニングも行われており、例えば、私の管理やマネジメントのスキルを向上させるのに役立っています。

要するに、スタッフを大切にすると言うだけでなく、最近ではメンタルヘルス・ファーストエイドチームを導入するなど、様々な実践的な方法でそれを示してくれる会社で働けることは素晴らしいことです。彼らはいつでも相談に乗ってくれますし、みんなが人生のストレスや緊張に対処できるように工夫してくれます。

 

6.OxTS で、今年一年で最も楽しみにしていることは何ですか?

まず第一に、オフィスに戻ってチームメイトと顔を合わせて仕事をすることです。リモートワークでも問題はありませんが、私たちのような共同作業をするには理想的ではありません。また、次の "素晴らしいもの "を作るために皆で懸命に働いているときに得られる社会的な側面や雑談にも疎くなっています。

これは、私がOxTS のために関わった初めての大規模なエンド・ツー・エンドのプロジェクトであり、OxTS 、お客様、そして技術パートナーの多くの人々が関わっているからです。みんなの努力が実を結ぶのを見られるのは嬉しいですね。

 

その他のリソース。

 

 

トップへ戻る

トップへ戻る

,