サポートセンターにアクセス サポートセンターにアクセス ディストリビューターを検索 ディストリビューターを検索 お問い合わせ お問い合わせ

新年、新しい時間短縮ソフト

ブログ 2019年1月29日

新しい年の幕開けにあたり、RT-Rangeで先進運転支援システム(ADAS)を開発している自動車業界のお客様にとって、エキサイティングなニュースをお知らせします。12月の最終チェックの完了後、マルチセンサポイントと呼ばれる、時間の節約を可能にする強力な新機能を備えたファームウェアをリリースしました。

マルチセンサポイント機能は、試験時間全体を短縮することで、エンジニアへのプレッシャーを軽減します。 最大12個のRADER、LiDAR、もしくはビジョンベースのセンサを同時に検証する迅速かつ簡単な方法を提供します。これらのセンサタイプは、都市と都市間の両方の環境設定で、車両が周囲のリアルタイム画像を生成するための最良の方法であるため、すでに異なるADASソリューションで広く使用されています。しかし、ADASの複雑さが年々増すにつれて、車両の周辺で起こっている事象の信頼できる画像を生成するために必要なセンサの数も増えています。

非効率的な過去

これまでは、センサデータを個別に収集し、各センサの検出エリアにターゲットが存在していたかどうかを知るために各データを試験していました。ターゲットが存在してた場合、RT-Range Sの測定値は、検証のためのセンサそのもののデータと比較することができました。これは1つや2つのセンサであれば特に困難な作業ではありませんが、より多くのセンサを検証する必要があると、プロセスに大幅な遅延が発生します。

センサを利用する簡単な方法

OxTSが作成したソリューションは、シンプルですが非常に効果的です。設定段階では各センサの位置と相対機首方位がその視野角とともに定義されます。これによりRT-Range Sはどの方向センサがリアルタイムで向き合われているかを計算できます。最小および最大検出範囲を追加して各センサの検出領域を表すアニュラスセグメントを作成できます。

設定がRT-Rangeにアップロードされると、ポリゴンベースのターゲットのために各センサポイントの検出領域を継続的に試験し、検出された任意の値に対する測定値を生成します。これは、試験中のエンジニアからのフィードバックが非常に肯定的であった理由の1つです。リアルタイムの結果をすぐに確認でき、各センサポイント向けに生成された測定値が内部で記録され、イーサネットとCAN を介して出力されていることを知ることができます。

新しい測定値で瞬時に検証

ターゲットが検出領域内にあるときに作成される測定に関しては、設定された各センサポイントに対して3つの新しい測定値があります。これらの中で最も明白なのは、センサからターゲットの周囲のポリゴンの最も近いポイントまでの範囲であり、センサ自身のデータと直接比較できます。次に、RT-Rangeは目標の可視率を計算する前にその目標が占める視野のパーセンテージ (幅) を計算します。

横断歩道試験や交差点試験などの複数車両または複雑なシナリオでセンサを検証する場合、どのターゲットがどのセンサに対して可視であるかを知ることは重要です。センサとの近接性に応じて、歩行者が駐車中の車両の後ろで見えなくなっていたり、車両が歩行者によって部分的に見えなくなっている可能性があります。RT-Rangeが実行するリアルタイム可視性の計算は、これを同時に見る迅速かつ簡単な方法を提供します。他の測定と組み合わせると、エンジニアにとって時短を可能にする強力な新しいツールとなります。

RT Range S ハンターをアップグレードしてこの機能を利用することをご希望のお客様は、お近くのOxTSチャンネルパートナーからファームウェアアップグレードをご購入ください。

詳細はこちら

マルチセンサポイントの詳細については、当ウェブサイトでご覧いただけます

または、詳細や見積もりについてはお問い合わせください

トップへ戻る

トップへ戻る

,