サポートセンターにアクセス サポートセンターにアクセス ディストリビューターを検索 ディストリビューターを検索 お問い合わせ お問い合わせ

AEB対交通弱者(VRU)

技術関連記事 2018年7月11日

都市環境では、車両と歩行者またはサイクリスト間の衝突は、どちらの当事者も反応する時間がほとんどないため、重傷につながることがよくあります。AEB対歩行者とAEB対サイクリストの試験は、交通弱者(VRU)が車の進路を横切ったときにシステムがどれほど効果的であるかを試験するために設計されています。

多くの試験シナリオは、このプロトコルの下で、大人、子供、サイクリストのダミーを使用して行われます。これらのシナリオには、VRUターゲットの異なる接近方向や速度、試験対象車両(VUT)からターゲットを隠す障害物の使用、異なる照明条件での日中・夜間試験が含まれます。

VUTとターゲットの間の距離が2つの点を使用して計算される他のAEB試験とは異なり、AEB VRU試験はポリゴンを使用してEuro NCAP歩行者ターゲット(EPT)またはEuro NCAP自転車ターゲット(EBT)の形状を定義し、VUTの前面はプロファイルされた線を使って定義されます。VUTとターゲットの間の距離は、最も近い点から計算されます。

となりのRTRT-Range

プロトコル精度要件 

OxTSのRTおよびRT-Range Hunter製品は、以下の要件を容易に満たし、その一貫性と信頼性で定評があります。

  • EBT/EPTおよびVUT軸:ISO 8855:1991オリエンテーション
  • 横方向パスエラー
  • 最低100Hzの更新レート
  • DGPSの時間同期
  • 相対位置精度は0.03mまで
  • VUT速度:0.1 km/h
  • EBT/EPT速度:0.01 km/h
  • ヨー角速度は0.1°/sまで
  • 加速度は0.1m /s²まで
  • ポリゴン境界図形

OxTS での AEB VRU テストRT-Range

必要な測定値を取得する 

VRUプロトコルでの多くの試験は非常に正確で、介入が行われなかった場合にターゲットが試験対象車両に衝突する場所を特定します。これを確実にするためには、複雑なタイミングと加速が必要であるため、VRUターゲットの操作にはロボットプラットフォームまたは牽引システムが使用されます。また、進路からの逸脱は衝突ポイントに影響を与えるため、VUTを一定に運転することも重要です。

利用可能なソリューションの数(ロボットプラットフォーム、ビームトリガーシステム)が多いために、典型的なシナリオはありません。しかし、すべての場合で重要なのは、ターゲットが適切なタイミングでトリガーされることと、VUTとターゲットの両方の正確な位置、方向、速度がわかっていることです。RTとRT-Range製品を使用すれば、情報をロボット制御システムに伝達すると同時に、情報を取り込み、周囲の形状に基づいてリアルタイムレンジ測定を計算することが可能です。

RTとRT-Range Hunterの複雑なシナリオで動作する能力は、ADAS開発の最先端であり続けている理由のひとつです。基地局で全てのソースからのデータをダウンロード、処理、試験、CSV形式でエクスポートすることができ、無料で含まれているソフトウェアツールを使用して、さらなる分析を行うことができます。

トップへ戻る

トップへ戻る

米国・アッシュバーン