サポートセンターにアクセス サポートセンターにアクセス ディストリビューターを検索 ディストリビューターを検索 お問い合わせ お問い合わせ

レーンサポートシステム (LSS)

技術関連記事 2018年7月11日

LSS緊急車線維持 (ELK) 

Euro NCAP LSS ELKプロトコルは、車両が車線を離れることによって重大な事故につながる可能性が高い状況にシステムがどれだけ効果的に対処するかを評価します。これには、試験対象車両(VUT)が車線を逸脱して道路から離れた場合、センターラインを横切ってドリフトした後に対向車に衝突する場合、追い越されている時に車線を変更して別の車両に衝突する場合などが含まれます。

試験は、グローバル車両ターゲット(GVT)を含むものと、道路の端や車線区分線の端など端を調査したものの2種類があります。試験は異なる横速度を発生させる所定のカーブを使用して行われ、試験中のシステムからの介入がなければ、車両が特定の方法で互いに衝突するようにタイミングがはかられています。

ELK試験は、人間のドライバーでも行うことができますが、横方向の加速と車線の測位の正確な要件のために、ステアリングロボットやペダルロボットが使用されることがよくあります。こうしたロボットは自動運転システムの操作に必要な情報を提供するOxTSのRTRT-Range Hunter製品と簡単に統合することができます。

プロトコルの精度要件 

  • VUTとGVTの軸が ISO 8855:1991オリエンテーション
  • VUTとGVT縦方向速度が0.1km/h
  • 最低100Hzの更新レート
  • DGPSの時間同期
  • 相対位置精度は0.03mまで
  • ヨー角速度は0.1°/sまで
  • 加速度は0.1m /s²まで
  • ポリゴン境界図形

ユーロNCAP緊急レーンキープシステムのテストRT-Range

必要な測定値を取得する 

RT-Range Hunterは、ビークルツービークル測定を行うだけでなく、VUTのポイントから車線区分線の端、あるいは道路の端まで同時に測定することができます。これは、線の端などの地物の測量位置を含む、ラインファイルと呼ばれる事前に読み込まれたファイルを参照することによって行われます。したがって、ほとんどのELK試験の最初のステップは、RTとOxTSの測量用トロリーを使用して、道路の端と任意の車線区分線の内側の端を測量することです。

車線区分線をRTで測量したら、RT-Range Hunterと一緒にVUTにインストールすることができます。道路縁の試験の場合、ディファレンシャル補正を送信する基地局を除くと、これがRTK 1cmの位置精度を可能にするために必要なすべての機器です。「対向」および「追い越し」試験では、GVTに追加のRTをインストールする必要があります。

VUTのRT-Range Hunterは、他のRTシステムを介して位置情報を受信し、リアルタイムで測定値を計算します。位置、方向、速度の情報は、どんなペダル/ステアリングロボットシステムにもリアルタイムで伝達することができます。

オフィスに戻ると、データをシステムからダウンロードして、後処理、試験、そしてさらなる分析のためにCSV形式でエクスポートすることができます。

トップへ戻る

トップへ戻る

,