サポートセンターにアクセス サポートセンターにアクセス ディストリビューターを検索 ディストリビューターを検索 お問い合わせ お問い合わせ

アダプティブクルーズコントロール

技術記事 2018年7月23日

アダプティブクルーズコントロール

アダプティブ・クルーズ・コントロール(またはアクティブ・クルーズ・コントロール)システムは、従来のクルーズ・コントロール・システムの利便性をベースに、先行車に合わせて自動的に速度を変化させるものである。このようなシステムをテストして開発する際には、システムがいつ、どのように介入するのか、どの程度の精度でターゲットを捕捉して追跡するのか、さまざまな実世界のシナリオでどのように機能するのかを正確に把握しておくことが重要です。ターゲットベアリング、距離、相対速度、衝突までの時間などの測定値は、これらのシステムの評価の鍵となります。

RTとRT-Range Sが提供するもの

  • 相対精度2cm
  • 機首方位精度0.1°
  • 測定値を示すリアルタイム鳥瞰図
  • リアルタイムで複数のオブジェクトを追跡する能力
  • 一般道試験に最適

OxTS での ACC テストRT-Range

必要な測定値を取得する

正確な車両間測定を行うために、RT慣性ナビゲーションシステムとRT-Range ハンターを被試験車両(VUT)と任意のターゲット車両に設置します。そして、RT-XLANWi-Fi無線は、ターゲット車両からリアルタイムの情報をVUTに送り返し、RT-Range Hunterがターゲット車両の相対的な位置を計算し、ログに記録し、リアルタイムの測定値を出力します。出力される測定値には、Hunterとターゲット車両の位置、方位、速度などが含まれています。ACCハードウェアの現在の状態は、CANバスインターフェースを介してデータと一緒に記録したり、GPSタイムスタンプを介して測定値と同期させることもできます。

RT-Range Sでは、一点計測に加えて、車両の相対位置や向きを考慮した境界周縁形状を用いて車両間の計測を算出することができ、視線を必要としないため、ACCシステムのコーナリング時の性能評価にも利用できます。

トップへ戻る

トップへ戻る

,