慣性+

外部GNSS受信機向けの取り替え可能なINS

GNSSおよびLocata受信機からの外部支援をサポートする慣性ナビゲーションシステムです。陸海空用途の機器で活用してください。

概要

シームレスに取り替え可能

シームレスに統合できるようにTrimble、Topcon、Novatel、Navcoなど数多くのGNSSベンダーをサポート。さらに、受信機向けの一般的なNMEAサポートが直接組み込まれていないため、どのような受信機を使用しても慣性+は複合型のINSソリューションを実現することができます。

優れた性能そして価値

測位精度は外部受信機に依存していますが、ハイグレードMEMS慣性システムが常時補助しています。お客様はお持ちの受信機に既に投資されているため、完全に統合されたRTK INSに改めて支払う必要はありません。慣性+は非常に費用対効果の高い製品です。さらに、構成、後処理、監視、解析用に包括的なソフトウェアパッケージソフトが含まれています。

性能を最大化

ビルの谷間や木の陰、さらにはトンネルや橋といった障害物によりGNSSの性能の発揮が困難な場合、ハイグレードMEMS IMUがギャップを埋めてシステムが常に順調に動作できるようバックアップします。走行距離の入力、前後処理、車両運動プロファイルなどのサポート技術は、すべての環境においてスムーズで飛びがない最高の精度を維持します。

既存の機器を使用可能

高品質GNSS受信機を既にお持ちで、慣性を統合してさらにその機能を強化したい場合、慣性+は費用対効果の高いソリューションとして最適です。既存の機器を手放して買い換えることなく、機能が豊富な慣性ナビゲーションシステムがもたらすメリットを存分に活用しましょう。

Locataに対応

慣性+がサポートするGPS/GNSS受信機製品群に加え、ローカル測位システムLocataによる外部支援に対応できる唯一のINSがあります。ローカルネットワークを設定することで、慣性+はLocata受信機からのNMEA出力を受け取り、GNSSと同様の方法で慣性データを融合させて、完璧な3Dナビゲーションソリューションを出力します。

デュアルアンテナに対応

デュアルアンテナ受信機は、とりわけ低動的状況で優れた精度と安定性を実現します。市場にある新型のGNSS受信機の中には、シングルボードにデュアルアンテナが装備されているものもあります。慣性+は、アンテナベースラインからの受信機のヘッディング計算値をフルに活用でき、計算値を他のGNSS測定値とともに最終的なINS出力に融合させることができます。お使いの外部受信機がデュアルアンテナシステムでない場合でも、慣性+自体にデュアルアンテナオプションがあるため、強固で真のヘッディングを得ることができます。

用途

LiDAR、360°カメラ、地中探知レーダーなどを使用するモバイルマッピング

路上や線路上のアセット管理

有人航空プラットフォームによるダイレクトジオリファレンス。

慣性技術でアップグレードしたい既存のGNSS受信機すべてが対象。

ダウンロード

慣性+ユーザーマニュアル ダウンロード

慣性+データシート ダウンロード

慣性+クイックスタートガイド ダウンロード

仕様

受信機タイプL1/L2 GPS内部受信機
測位RTKSPS
測位精度 0.02 m3.0 m
速度精度 0.05 km/h RMS0.1 km/h RMS
加速度
–バイアス
–直線性
–スケール係数
–範囲
.
10 mm/s²
0.01%
0.1%
10G (オプションで30G)
.
10 mm/s²
0.01%
0.1%
10G (オプションで30G)
ロール/ピッチ 0.03°0.05°
ヘッディング0.1° (シングルアンテナ)
0.06° (デュアルアンテナ、4 mベースライン)
0.2° (シングルアンテナ)
0.06° (デュアルアンテナ、4 mベースライン)
角速度
–バイアス
–スケール係数
–範囲
.
0.01°/s
0.1%
100°/s (オプションで300°/s)
.
0.01°/s
0.1%
100°/s (オプションで300°/s)
更新速度
100 Hz(慣性+/慣性+2)
250 Hz(慣性+ 250/慣性+2 250
100 Hz(慣性+/慣性+2)
250 Hz(慣性+ 250/慣性+2 250)
計算レイテンシ3.5 ms3.5 ms
出力10–18 V dc, 15 W10–18 V dc, 15 W
本体寸法 (mm)234 x 120 x 76234 x 120 x 76
本体重量2.3 kg2.3 kg
耐衝撃性100G, 11ms100G, 11ms
内部ストレージ2 GB2 GB
動作温度-10° to 50°C-10° to 50°C
振動0.1 g²/Hz, 5–500 Hz0.1 g²/Hz, 5–500 Hz

機能

既存のGNSS受信機が使用可能(費用削減)

6軸慣性測定ユニット。

リアルタイム、低レイテンシで測定値出力。

100または250 Hz更新速度。

後処理機能付きソフトウェアパッケージソフト付き

Trimble、Topcon、Novatel、Locataなど複数のベンダーをサポート。

Riegl、Z+F、Specim、Point Grey、Phase Oneなどの画像センサーとの統合。