RT-Range S

複数のターゲットを扱うADAS測定向けソリューション

グローバルNCAP、IIHS、NHTSAテストで使用可能です。
複数のターゲットを追跡するリアルタイムネットワークを構築します。
距離、姿勢、相対運動を測定します。
ターゲットを、複数点を有するポリゴンとしてモデル化します。
駆動ロボットメーカーに最適です。

概要

グローバルNCAP規格に対する客観的な検証

RT-Range-Sは、複数車両の距離、姿勢、相対運動を処理することにより、正確で信頼性の高い単一車両動的挙動測定の可能性を拡大します。RT-Range Sは、カメラ、レーダー、LiDARセンサーの客観的検証や、ブレーキ、車線逸脱警報、衝突回避システムなどのADASテストにおいて世界規模で使用されています。

車両対ターゲットおよびレーン位置測定

RT-Range Sは、テスト対象車両 (VuT) またはHunterから成る4つまでのターゲット車両の相対運動および距離の正確な測定に使用できます。1 kmを超える範囲で車両間の測定値を算出可能。また、システムはレーンマーキングに対する位置や、信号機など最大60,000箇所の測量点を正確に測定することができます。測定値はリアルタイムに表示され、また、CANを介してHunter車両に出力されます。

4つのターゲットまでの距離を同時に測定

RT-Range Sは、最大で4つのターゲットを追跡し、衝突までの距離や時間、その他の相対的な測定値をリアルタイムで計算できるリアルタイムネットワークを構築します。車両、柔らかいもの、歩行者のダミー、近くにある物などをターゲットにできます。

ターゲットの最接近点と視認性を測定

Hunter車両とターゲット車両の輪郭を点で描画して最大24点のポリゴンを作成します。RT-Range Sは最も近いポリゴンの点の間の距離と、ターゲットの視認性に関する測定値を自動的に算出します。この機能はパーキングアシストや衝突回避試験で役立つよう設計されています。

駆動ロボットメーカーに最適なシステム

比類のない正確さと再現性を実現する、信頼性の高いAB Dynamics駆動ロボット専用インターフェイスです。

公道でのADASテスト

公道試験用にNTRIPを介してDGPS補正情報を受信します。

車両対歩行者試験

歩行者が持って移動できるバックパックにまとめられた、簡単に使用できるターゲットシステムであるRT-Backpackアクセサリーをご使用ください。移動する車両に対して歩行者の位置を追跡できます。

CANバスデータ

RT-Range SにはリアルタイムなCAN表示機能および記録機能が搭載されています。複数車両からのCANデータを1つのファイルに数秒内で記録します。

用途

Euro NCAPの市街地走行試験や市街地間試験

Euro NCAP AEB VRU自転車、歩行者試験

NHTSA FCW 1、2、3

車線逸脱警報 (LDW)

死角検知 (BSD)

アダプティブクルーズコントロール (ACC)

後退時安全確認警告

パーキングアシストおよびバックアップ支援

インテリジェントヘッドライト検証

標識認識

公道でのADASテスト

駆動ロボットADASテスト

ダウンロード

RT-Range S ユーザーマニュアル
ダウンロード

RT-Range S データシート
ダウンロード

仕様

パラメーター条件仕様
レーンへの横方向の距離±30m
0.02m
レーンへの横方向の速度±20m/s
0.02m/s
レーンへの横方向の加速度±30m
0.1m/s²

パラメーター条件仕様
縦方向の範囲±200m
0.03m
横方向の範囲±20m
0.03m
範囲結果200m0.03m
縦方向の距離変化率±50m/s
0.02m/s
横方向の距離変化率±20m/s
0.02m/s
距離変化率の結果±50m/s
0.02m/s
ヨー角の結果360°
0.1°

機能

リアルタイムなV2VおよびV2X測定

最大1 kmのHunterとターゲット間の距離

ターゲットの最接近点と視認性を測定

車両対車線の測定

リアルタイムな試験エリアの鳥瞰図

CANのインターフェイス

駆動ロボットのインターフェイス

最大で60,000の道路上の対象物を測位

ソフトウェアのパッケージソフト付き

トレーニングを受講可能