RT-Range ソフトウェア

1台のラップトップからADASテストデータをリアルタイムにキャプチャ

RT-Range PCソフトウェアを使用することで、エンジニアはRT-Rangeシステムを使用してADASテストのシナリオを正確に構成することが可能になります。また、距離測定値を複数の形式でリアルタイムに表示することもできます。1台のラップトップで、Hunter車両と最大4台のモバイルターゲットから記録される距離データを監視できます。性能試験場で車線や測量点を調査し、車両の2Dプロファイル(ポリゴン)を作成して車両対車両の距離を正確に計算することができます。

 

最新バージョンのRT-Rangeソフトウェアのダウンロード

 

車線調査および地図作成ウィザード

RT-Range車線調査ウィザードは、レーンマーキングを正確に調査するのに役立ちます。また、調査したものを使用して地図ファイルを生成することができます。調査プロセスに関連するリアルタイムのデータを表示しながらも、収集された車線と測量点について視覚的なフィードバックを提供します。RT-Rangeシステムはフィードバックを受け取ると、データをリアルタイムに使用して、測定された車線に対するシステム自身の位置を測定して出力します。この機能は幅広く使用できますが、車線逸脱警報システムの客観的検証において特に役立ちます。

 

リアルタイム表示

RT-Rangeソフトウェアのリアルタイム表示モジュールは、デジタル数値表示からHunter車両とテストエリア内のすべてのターゲットの鳥瞰図に至るまで、ユーザーに必要なリアルタイム情報をすべて提供します。RT-Rangeのポリゴン化機能を使用することで、ユーザーは2つの対象物間で最も接近する2点の距離を測定することができます。これは、パーキングアシストシステムの開発やクロスジャンクションでのADASテストで多く利用される機能です。

 

後処理ウィザード

これは、NCOMファイルを使用してレーン位置の測定値やHunter/ターゲットの測定値を抽出して計算するためのツールです。処理された測定値は、CSV形式でエクスポートできるため、データで作業を行う際に最大限の柔軟性を得ることができます。